アキレス腱炎

概説:アキレス腱炎とは

剣道陸上競技ジャンプスポーツなどの運動選手に多くみられるます。

ランニングジャンプ動作の繰り返しによるストレスが原因で発症すると言われています。

 

〈関連記事〉ジャンプスポーツの痛みはコチラを参照してください。


アキレス腱炎は、ふくらはぎの筋肉の硬さが原因と言われ医療機関では筋肉を緩めるような処置を行なっている事がほとんどです。

ネットで「アキレス腱炎の治し方」を検索すると、アイシングやマッサージ、ストレッチ、テーピングなどの方法が紹介されています。


解っているなら、解決に向かってもいいはずですが、変わらないところをみると、本質は違うところにあるようです。


アキレス腱を痛める一番の原因は

 

アキレス腱に一番強い負荷がかかるのは、着地のときです。 着地とは、片足に全体重が乗るタイミングの事をいいます。動画はコチラ

 


この時に、つま先より前に胸があると、アキレス腱にかかる負担が増えます。

フォームが悪いのは、意識や、筋力の問題と思われることが多いのですが、

 

膝が落ちるタイミングを後ろから観察しました。 (動画はコチラ

 

 

 

 シューズが原因のグラつきが発生しています。

 

 

足元がグラつくと、体重を支えきれなくなってしまいます。

 

このまま走り続けると、やがて膝や足首に歪みが発生し、シューズを履かなくても、真っ直ぐに立ったり、走ることが難しくなります。




シューズの変形によるグラつき
シューズの変形によるグラつき

普通の靴下

ラクちんソックス


※髪の揺れを比較してみてください。どちらも同じ速度です。

 

 

真ん中体重 “らくちんソックス” は、これまでにない画期的な方法で(特許取得)、シューズによるフラツキを抑えるので、膝の落ち込みを防ぎ、アキレス腱にかかる負担を減らします。

 

フラつかないから疲れない

靴下の新常識

はくだけで足のトラブル予防+パフォーマンスの向上:『真ん中体重 ラクちんソックス』

 


 

 


 2022年9月下旬から10月中旬にネット販売を開始いたします。

 

発売までの進行状況や、LINEでしか見られない情報も配信しています。

ぜひお友達に追加してください!