足の小指はバランスをとる為に、とても重要な役割をはたします。

 

足の小指は、靴下やシューズに締め付けられているうちに、知らない間に変形していることがあります。(内反小趾)

 


 

小指が開かなくなると、歩くときの体は外に傾きます。

歩く時に体が外に傾くと、足の外側の筋肉が多く使われます。

 

また、バランスを保つために、反対側の脚はガニ股のように外に開いて歩きます。


体の傾きを元に戻すときに、膝は雑巾を絞るように捻じられます。

 

この状態が長く続くと、膝の軟骨はすり減り、膝に水が溜まったり、変形性膝関節症を引き起こすだけでなく、最後に親指をねじり、外反母趾を作ります。



こうして変形が始まった関節は、徐々に体の傾きを大きくするため、歩くときのバランスをとる事が難しくなります。

 

 

 

バランスが悪くなると、転ばないために歩幅が狭くなたり、猫背になったり・・・歩く速度は遅くなります。

 



 

真ん中体重 “らくちんソックス” は、これまでにない画期的な方法で(特許取得)、

 

歩くときの ぐらつきを減らします。


 

真ん中体重 “らくちんソックス” は、歩く時のグラつきを抑え、関節への負担を減らす靴下です。

 



フラつかないから疲れない

靴下の新常識

はくだけで足のトラブル予防+パフォーマンスの向上:『真ん中体重 ラクちんソックス』

 




 

発売までの進行状況や、LINEでしか見られない情報も配信しています。

ぜひお友達に追加してください!