アスリートの悩みを解決するための、ストレッチや、テーピングの情報は、ネットに溢れています。

 


解っているなら、解決に向かってもいいはずですが、

 

 

変わらないところをみると、本質は違うところにあるようです。

片足だけの痛みや、左右で違う筋肉の疲れは、なぜ引き起こされるのでしょうか?


 

私達は、その痛みがどこから発生しているのか? 足を痛めている選手の体だけでなく、フォーム、シューズ、練習環境などを徹底的に調査・研究を行ってきました。

 

辿り着いた答えは、シューズでした。


 

 

走るときのシューズは変形します。

 

シューズが沈み込むと、足のアーチが倒れ込み、スネや膝は捻られます。

 

 

 

シューズのグラつきは、走るたびに足を壊し続けます。

これは、テーピングや ストレッチで防ぐことができません。

 

様々な痛みの原因は “アーチの低下が原因” と言われることがありますが、足のアーチの低下は痛みの原因ではなく、捻じられ続けた結果です。

 



 

真ん中体重 “らくちんソックス” は、これまでにない画期的な方法で(特許取得)、

 

普通の靴下

ラクちんソックス


※髪の揺れを比較してみてください。どちらも同じ速度です。

 

 


くつ下は、体とシューズを繋ぐ需要なパーツです。

真ん中体重 “らくちんソックス” は、シューズがグラついても、らくらく前に進むことができる靴下です。

 

 

 

・らくちんソックスは、怪我の予防にも役立ちます。

・力を抜いて前に進む、理想の走りが身につきます。

 



フラつかないから疲れない

靴下の新常識

はくだけで足のトラブル予防+パフォーマンスの向上:『真ん中体重 ラクちんソックス』

 



 

 もちろん! オリンピック 速度にも対応します。

 


 

2022年9月下旬から10月中旬にネット販売を開始いたします。

 

発売までの進行状況や、LINEでしか見られない情報も配信しています。

ぜひお友達に追加してください!